トップページ > GRAミッション・企業情報

GRAミッション・企業情報

ミッションステートメント

地方創生のためは、力強い産業を地方に創らなくてはならない。
産業つまり雇用なくして、地方の持続的な繁栄はあり得ない。

では、なぜ地方が元気である必要があるのか。
この本質的な疑問を都市に住む納税者は感じるかもしれない。

その理由はたった一つ。
多様性によりもたらされるイノベーションの機会を涸らさないようにするためだ。

地方が失われていくことは、日本の貴重な多様性が消滅していくことを意味する。
その結果、国は同質化し、中長期的には国力を失うだろう。

地方には経済合理性だけでは語れない素晴らしさがあることを忘れてはならない。

株式会社GRAは農業を強い産業とすることで地域社会に持続可能な繁栄をもたらすことをミッションとしている。

事業内容

農産物の生産販売および輸出、農業技術の研究開発、産地ブランド開発、加工品商品開発、
栽培管理システム開発、海外生産展開

企業情報

商号

農業生産法人 株式会社GRA / GRA Inc.

代表

岩佐大輝

所在地

〒989-2201 宮城県亘理郡山元町山寺字桜堤47

電話番号

0223-37-9634

FAX

0223-37-9635

資本金

3,420万円

創業

2011年7月1日

設立

2012年1月17日

会社案内はこちら

研究・栽培施設

グループ企業

  GRA アグリプラットフォーム  新規就農支援事業  紹介ページ

  GRA INDIA Pvt. Ltd.  インドの現地法人  紹介ページ

  株式会社ICHIGO  イチゴを使った化粧品の開発と販売  公式サイト

  特定非営利活動法人GRA  先端農業による地域産業の創出と、次世代に向けた教育支援を通じて、
復興を越えた価値創造を目指すNPO法人
  公式サイト

役員と執行会議メンバー

岩佐大輝

岩佐 大輝(いわさひろき)
代表取締役CEO
1977年宮城県亘理郡山元町生まれ。24歳でITベンチャーを起業。東日本大震災後にGRAグループを創設。現在5社のCEOを務める。専門はITサービスマネジメント。

橋元忠嗣

橋元 忠嗣(はしもとただつぐ)
取締役(栽培顧問)
宮城県亘理郡山元町生まれ、イチゴ営農35年以上のベテラン。東日本大震災ですべてのイチゴハウスと居宅を失う。山元町のイチゴ産地復興を志し、震災直後からGRAに参画。営農指導担当。

橋元洋平

橋元 洋平(はしもとようへい)
取締役副社長、営業リーダー
1977年宮城県亘理郡山元町生まれ。山元町社会福祉協議会で福祉事業に10年以上従事。東日本大震災後GRAに参画。農場オペレーションを担当。

上田貴史

上田 貴史(うえだたかし)
経営管理リーダー
外資系IT企業に15年勤務後、GRAに参画。社内では総務、経理、人事などの管理部門を統括する。

柴田修司

柴田 修司(しばたしゅうじ)
生産管理リーダー
長野県にて15年間、営業職などに勤務。傍らで米作りなどの農業を経験し、2012年にGRAに参画。現在、GRA全体の生産管理責任者を務める。

福島雅史

福島 雅史(ふくしままさし)
新規就農事業リーダー
NPO法人GRA(理事)、経営学修士MBA。震災時のボランティアをきっかけに、GRA(NPO)に関わる。2014年に農業生産法人GRAに参画、新規就農者および農業参入法人の開拓とサポートを務める。NPO法人GRAの教育事業リーダーを兼任。

渡辺周

渡辺 周(わたなべしゅう)
海外事業リーダー
GRAグループ全体の海外事業戦略および執行を担当。
NPO法人GRA理事。

馬場俊輔

馬場 俊輔(ばばしゅんすけ)
ミガキイチゴブランドマネージャー
ミガキイチゴを中心としたGRAのクリエイティブおよびブランドマーケティングを担当。

顧問

元村文彦

元村 文彦(もとむらふみひこ)
公認会計士・税理士
元村文彦事務所 代表
GRAでは財務、経理、労務、税務のバックオフィス業務を担当。

犀川治

犀川 治(さいかわおさむ)
弁護士
グローブ総合法律事務所 代表弁護士
GRAでは農地法、種苗法などの法務を担当。

沿革

2011

  • 3月
  • 東日本大震災発生
  • 4月
  • 被災地ボランティア「GRA ツアー」をスタート
  • 7月
  • 山元町のイチゴ復興支援をスタート
  • 9月
  • 山元町牛橋地区に初めてのイチゴハウス(GRA 牛橋農場)建設スタート

2012

  • 1月
  • 農業生産法人 株式会社GRA設立
  • 4月
  • インドプロジェクトスタート
  • 6月
  • 先端プロ山元研究施設(GRA山寺農場)完成
  • 9月
  • GRA稲実先端農場完成
  • 11月
  • インドマハラシュトラEEC農場完成

2013

  • 1月
  • 「ミガキイチゴ」ブランドを発表
  • 2月
  • GRA桜堤先端農場完成
  • 8月
  • 中東調査事業をスタート
  • 12月
  • 「ミガキイチゴ・ムスー」(スパークリングワイン)発売

2014

  • 2月
  • 香港でミガキイチゴの販売をスタート
  • 9月
  • 台湾工業技術研究院と共同研究事業をスタート
  • 10月
  • インドマハラシュトラEEC第二農場完成
  • 12月
  • 香港でミガキイチゴ・ムスーの販売をスタート

2015

  • 1月
  •  「ミガキイチゴ・カネット」(缶入りスパークリングワイン)発売

GRA WAY

GRA が大切にしている価値感をまとめた基本的な行動指針です。

アクセス

農業生産法人 株式会社GRA
(先端プロ山元研究施設: 〒989-2201 宮城県亘理郡山元町山寺字桜堤48)へのアクセス方法です。

・鉄道をご利用の方

仙台駅(至浜吉田駅)時刻表:平日  土日祝  /  浜吉田駅(至仙台駅)時刻表:平日  土日祝

・高速バスをご利用の方

バス停、運賃などの詳細はこちらをご確認ください。東北アクセスWebページ

・お車でお越しの方
常磐道「山元IC」より国道6号線を相馬方面に進んだ後、山下小学校前の信号を左折してください。

お問い合わせ